田町の耕人 06

先日静岡新聞さんに一緒に取材をいただいた
田町の耕人・木工指物の戸田。

 

試作は少し進んで
杉材を使ったフレームのようなものが出来上がってきています。
杉と言えば、ひのきとともに日本に多く自生している針葉樹。
建材を中心に馴染みがある木材です。
やわらかくて、軽くて。香りもとてもいい。

 

木口(こぐち)と言われる木目方向に対して垂直にカットした面が
ボソボソとしやすい傾向があるので
その点がデザインをなかなか悩ませてくれます。

 

 

田町の職人は指物師。
全ての指物技術を注ぎ込むと高価なものが出来上がることも多いのですが
この杉の木口をその技術でうまく隠せることができれば
ちょっと面白いかも、と思っています。

それ故のフレーム試作。

 

 

 

 

でもまだまだ道半ば。
私も戸田も、首を傾げながら進めています。

 

 

 

田町の耕人・戸田のホームページ:

KOZOU HAKO STYLE