焼き付ける

夏の用宗は
海のある実家に帰省したかのような
ノスタルジックな雰囲気があります。
強い陽射しが眩しく
強い色でなければ色が白く飛んでしまいます。

 

取材日の用宗は小雨が少しだけ気になる
しっとりとした日で
そのおかげでいろんな色を目に留めることができました。

 

 

 

こんなにたくさん色が残っている日の
その色を目に焼き付ける。

 

 

 

そんな作業を
用宗の耕人は、毎日しているかもしれません。