メディア掲載

1月9日(土)の静岡新聞・朝刊にて
静岡耕人の活動をご掲載いただきました。

 

まだ輪郭の見えないような
活動のプロセスを取材いただけたことに
とても感謝をしております。

 

 

 

静岡耕人は、
静岡の職人と新商品開発を進めるプロジェクトではあるものの
最後の切り取られた輪郭だけで
その職人や風土を伝えきることはできず
それを伝えようとすると、同じような写真や文章で
少しの奥行きしか持たせることができない。
そう思ってプロセスから公開しているので
逆に言うと、伝えたいものがはっきりと決まっていません。
技術や環境はさることながら
開発でのやりとりや温度、その地の季節や風景
そこにわかりやすい価値はないのかもしれません。

 

 

 

 

 

よく見ないとわからない、よく読まないと刺さらない
抽象的でわかりにくい価値。

ただ、それを幸せと呼ぶような気がして
今日も探してしまいます。